USBメモリの賢い使い方

USBメモリの最近の動向、USBメモリに入れて持ち運ぶソフトや設定方法など。

圧縮・解凍ファイルをUSBメモリに入れて持ち運ぶ(PeaZip Portable)

圧縮・解凍するためのソフトなんてUSBメモリに入れて持ち運ばなくてもいい!というユーザーの方が多いかもしれないが、特殊な圧縮ファイルなどを開くには、PeaZip Portableを入れておくと便利だ。

Windowsでは、zipやlzhなどは標準機能で展開できるが、「RAR」「7z」といった形式は海外に多く使われている。こうしたファイル形式にも対応しているPeaZip PortableをUSBメモリに入れて持っていれば困らない。

ダウンロードしたPeaZip Portableのファイルを展開してUSBメモリにコピー。「peazip」をダブルクリックして起動したら「オプション」メニューの「Localization」を選ぶだけ。日本語化するのは簡単で、開いた画面上で「ja」を選ぶ。
圧縮ファイルを解凍するには、「peazip」アイコンにドラッグドロップする。開いた画面で「全て解凍」ボタンを押すだけ。展開先の指定を忘れずに。
このツールを使用して展開できるファイルは次のとおり。

  • ace
  • ari
  • bz2
  • cab
  • iso
  • lha
  • rar
  • 7z
  • zip
  • tar

など