USBメモリの賢い使い方

USBメモリの最近の動向、USBメモリに入れて持ち運ぶソフトや設定方法など。

ファイルを削除してしまった場合のファイルを復活するツール(Recuva Portable)

Windowsにはデスクトップ上に「ごみ箱」があり、ファイルを削除する際には、一旦ここに格納される。ごみ箱を空にすることでファイルが削除される。
削除してしまっても簡単に戻せる仕組みはミスがあっても安心できる。

USBメモリなどのリムーバブルディスク内のファイルは、削除したときに「ごみ箱」に残っていれば簡単に戻せる。ところがリムーバブルディスクの場合、削除してしまうとごみ箱には移動しない。直接、完全削除する仕組みである。

人間のやることなので、ミスで削除してしまう場合がある。Recuva PortableといったツールをUSBメモリ内に入れておくと安心。特に会社の仕事用のファイルをUSBメモリに入れてきた場合などは、ツールを入れておくと安心。

Windowsでは、ファイルを完全に削除してもファイル管理上、「削除済み」という区分けをするだけであって、データそのものは残っている。Recuva Portableは、そのデータを復元している。当然、USBメモリ内だけでなくハードディスク内のファイル復元も可能になる。

誤って消してしまったファイルの種類とドライブを指定後、「スキャン」ボタンをクリックするだけの簡単操作で復元できる。
復元できそうなファイル一覧がソートされるので、選択後、「復元」を押すだけ。

ただし、USBメモリの保存セクションにデータが上書きされてしまった場合は、復元できない場合がほとんどなので注意する。
USBメモリ内の重要なファイルを削除してしまった場合は、そのUSBメモリをパソコンのusbポートからいったん外したほうが無難である。