USBメモリの賢い使い方

USBメモリの最近の動向、USBメモリに入れて持ち運ぶソフトや設定方法など。

MS Office互換の無料ソフトをUSBメモリに入れて持ち運ぶ(LibreOffice Portable)

出先で使うパソコンには、MS Office製品がインストールされていない場合もある。そんなとき使用したいのが、MS Office製品互換のソフトである「LibreOffice Portable」。これをUSBメモリに入れて持ち運ぶようにすれば、出先のパソコンにインストールされていなくてもファイルを開いたり、編集したりが可能となる。
MS Office製品は便利な面、高価なこともあってインストールしてない場合もある。ビジネスマンの場合、出先のパソコンにインストールされていなければ仕事にならない。

ただし、複雑なグラフ、関数などは表示できない場合もあるので注意が必要。Office 2007/2010のファイル形式のファイルも開くことができるし、上書き保存も可能。

PCを使う目的がワード、エクセル、パワーポイントというユーザーは多いが、実際に使用するPCにこれがインストールされているかどうかはわからない。メインのPCには当然インストールされているが、端末全部にインストールされているかどうは限らないので、USBメモリに入れて持ち運ぶのがよいだろう。

LibreOffice Portableは Open Office.orgから派生した無料の互換ソフト。6本のソフトで構成される。