USBメモリの賢い使い方

USBメモリの最近の動向、USBメモリに入れて持ち運ぶソフトや設定方法など。

はじめに

データを保存するメディアとして定着したUSBメモリ。データの入出力が手軽に行えることが最大のメリットでビジネスシーンでは欠かせない物となりました。
10g程度の小さなボディーに数GB~数十GBものでデータを保存できるUSBメモリですが、最近は、USB3.0対応の製品も数多くラインアップし、ハードディスクに匹敵するほどの製品も登場しています。

USB3.0対応品一覧は、完全ガイド- USBメモリ検索、比較さんで一覧表示できます。

また、USBメモリにソフトを入れて持ち運び、PC本体は持ち歩かないスタイルも増えてきました。さらにWindowsなどのOSもUSBメモリに入れることが可能です。
基本的な活用方法からセキュリティやウィルス対策までしっかりとした活用方法までを紹介しています。

USBメモリとフラッシュメモリの違いは?
デジタルカメラや携帯に使われているフラッシュメモリの多くは、切手の大サイズ程度です。USBメモリとは、見た目が異なりますがこれもフラッシュメモリの一種です。USBメモリは容量が大きいことが特徴です。最近は、小さなボディタイプのUSBメモリも登場しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください